通信興業イメージ画像
HOME > 技術情報 > FAQ > メタルLANケーブル

メタルLANケーブル

敷設済みのCAT5ケーブルでギガビットイーサネットの通信は可能ですか?

CAT5ケーブルと一言でいっても、どの時期に製造され、どの規格に適合しているかで保証される伝送性能は異なります。日本では主にANSI/TIA/EIA-568シリーズ、ISO/IEC 11801(これを翻訳したものがJIS X 5150)が用いられています。アプリケーションとCAT5規格の関係は下表のようになります。

アプリケーション
100BASE-TX
1000BASE-T
通称
Old CAT5
New CAT5
CAT5e
ANSI/
TIA/EIA
対応規格
568-A (1995)
TSB95 (1999)
568-B.2 (2001)
配線カテゴリ
CAT5
CAT5
CAT5e
ケーブルカテゴリ
CAT5
CAT5
CAT5e
ISO/IEC
[JIS]
対応規格
11801 1st edition(1995)

[X 5150:1996]
11801 Amendment1(1999)
11801 Amendment2(1999)
[X 5150 追補1:2000]
11801 2nd edition(2002)

[X 5150:2004]
配線クラス
クラスD
クラスD
クラスD
ケーブルカテゴリ
CAT5
CAT5
CAT5

ギガビットイーサネットにあたる1000BASE-Tの通信を行うには、TIA/EIA-568-AのCAT5やISO 11801 1st editionのクラスDでは規定されていなかったELFEXT(等レベル遠端漏話)の特性が必要となります。1995年当初に販売されていたCAT5ケーブルは、1000BASE-T対応規格が存在していなかったので、確認がとれていません。その後、すでに敷設済みのCAT5ケーブルにギガビットイーサネットを通すためにTIA/EIA TSB95や、ISO 11801 Amendmentが制定されました。CAT5ケーブルであってもこの規格をパスすれば、1000BASE-Tの通信が可能です。つまり、ELFEXTを規定したCAT5規格がTIA/EIA TSB95やISO 11801 Amendmentとなります。

CAT5ケーブルを使用した敷設済みのリンクでギガビットイーサネット通信が可能かを知るのに一番確実な方法は、フィールドテスタでの検証です。DSX-8000(Fluke社製)などにTSB95が入っています。もしパスしなかった場合には張り替えをご検討ください。もちろんTIA/EIA-568-B.2に対応したCAT5eケーブルや、ISO 11801 2nd editionに対応したCAT5ケーブルの方が、以前のCAT5ケーブルに比べノイズ耐性など電気特性が優れています。

アクセス | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright © 2011 TSUKO All rights reserved.